Your_Studio_ユアスタジオ|自宅で趣味やスキル向上。ライブ配信のプラットフォーム

最近のブーム!英語の個人レッスンの相場とおすすめの使い方

最近のブーム!英語の個人レッスンの相場とおすすめの使い方

近年は英語力が社会で成功するためには、ほぼ必須となる時代となりました。子供から社会人まで、英語の個人レッスンを検討している人は多いことでしょう。今回紹介するのは英語の個人レッスンの相場と選び方に関して。英語の個人レッスンの場合は相場より高い料金を払えば、それだけ英語力が身に付く、というわけではありませんよ。

子どもの英語の個人レッスンの相場は2~3万円。ただしそれ以外にも費用がかかる

子どもの英語の個人レッスンの相場は2~3万円。ただしそれ以外にも費用がかかる

英語の個人レッスンを受ける方は、主に子供、もしくは社会人のビジネスパーソンとなりますが、両者で個人レッスンの料金相場は異なります。まず子供向けの英語個人レッスンの料金相場は「2~3万円」です。レッスン頻度は週1回。レッスン場所が自宅やカフェの場合は、別途英語講師の移動費、駐車料金などが発生しますので、見積もりとなります。一方で子供の英語個人レッスンの場合は、そのほとんどが英会話教室でオプションとして提供されているものとなり、これには多少のデメリットがあります。

個人レッスンといっても、実質英会話教室の生徒となるため、上記のレッスン料金の相場以外に、「教材費1~2万円」、「入会金1~4万円」などが費用として発生します。

社会人(大人)の英語の個人レッスンの料金相場は1時間3000〜6000円

社会人(大人)の英語の個人レッスンの料金相場は1時間3000〜6000円

一方で社会人(大人)が英語の個人レッスンを受けることを考えた場合の料金相場は、1時間3000〜6000円が相場となります。1回の個人レッスンは大体90分が相場なので、4500〜9000円が1回。週4回であれば1万8000円~3万6000円となります。「相場の幅が大きいね」と思われるかもしれませんが。例えば英語講師が日本人であれば相場は低く、外国人だがネイティブでなければ少し割高かほぼ同じ。ネイティブであれば高くつきます。また、ネイティブであっても経験が少なく、教え方に難があれば、相場は低くなります。

英語の個人レッスンは対面とオンラインのどちらがおすすめ?

英語の個人レッスンは対面とオンラインのどちらがおすすめ?

英語の個人レッスンを受ける場合、自宅やカフェ、英会話教室でマンツーマンで英語レッスンを受ける対面式と、パソコンやタブレット端末を用いたオンライン英語レッスンのいずれかを選ぶことができます。マンツーマンの個人レッスンの方が一見すると英語力が身に付くと思うかもしれませんが、実はおすすめはオンラインの方。

オンラインの英語個人レッスンは相場が半値のため、受講回数を増やすことができる

よく誤解されている人も多いですが、実践的な英語を身に着けるためには、質よりも量と経験が大切になってきます。オンラインの英語の個人レッスンの場合は、対面式と比較すると相場は半値程度です。画面越しという緊張感の欠如はありますが、英語を教えてくれる講師は、普段から英語講師を本業にしている人が多いので質は変わりません。また、パソコンやタブレット端末のスピーカーで英語を聞き取れる、会話ができるようになれば、対面で話すことも容易です。英語の個人レッスンで実践英語を身に着けたい場合は、1週間で1度でも多く個人レッスンを受講して、生の英語のやりとりができる環境に身を置くのが最善と言えます。

英語の個人レッスンならユアスタジオで。低い相場かつ高品質なサービスを提供する講師陣が待機しています

英語の個人レッスンならユアスタジオで。低い相場かつ高品質なサービスを提供する講師陣が待機しています

英語の個人レッスンを考えているならば、子どもでも社会人の方でも、当サイト「ユアスタジオ(Your Studio)」を一度ご覧になってください。ユアスタジオは生配信をコンセプトとする趣味やスキルアップのプラットフォーム。英語講師を本業もしくはネイティブの欧米人講師が、通常の個人レッスンの相場よりも安く英語を教えてくれるはずです。定期的に受講をしたいのであれば、ダイレクトメッセージ機能を使って交渉することもできます。配信者と視聴者の壁は極力排除しておりますので、自分に合った英語学習が可能となっております。

ユアスタジオを視聴するためには

ユアスタジオでレッスン(授業)やライブを視聴するためには、「ゲスト」になる必要があります。会員登録は無料で、ポイント購入制となっております。ポイントはすべてのジャンル(レッスン)に共通して使うことができるので、気になった授業を1コマだけ購入して覗いてみることも可能。自宅が「大学のキャンパス」となります。

>>視聴する方法はこちらhttps://your-studio.net/howto/