Your_Studio_ユアスタジオ

オンライン講師募集。「Your Studio」の魅力

 2020年初頭から世界で猛威を振るう新型コロナ。集団感染を防ぐために厚生労働省によって掲げられた「密閉・密集・密接」の3密に該当するサービス業は営業の自粛を余儀なくされ、非常に厳しい立場に立たされています。もちろん企業だけではなく、そこで働く従業員も大きな打撃を受け、「仕事がなくなった」、「出来高だから収入がゼロになった」といった人も多くいます。とりわけ苦境に立たされているのが、英会話やヨガ、ダンスなどを教える非常勤の講師の方々。給料は1コマもしくは時給制が普通のため、新型コロナを受けて依頼がなくなれば、事実上収入はゼロとなってしまいます。そこでおすすめしたいのが、ライブ配信サイト「Your Studio」です。配信者は自分で授業内容を決め、あとはゲスト(生徒や視聴者)からの申し込みを待つだけ。Zoomを介して講習を行う、新たなプラットフォームサイトとなります。

これからはオンライン講師の募集サイトに登録することが重要

新型コロナが収束した後でも、経済の回復と再生には年月がかかります。世の中が不景気になれば、人々はスキル向上や趣味に費やす支出は抑えることになるため、より一層生徒の集客に力を注ぐ必要が出てくるでしょう。英会話やヨガなどを教える講師の方々の多くは、教室で対面講習を行うだけでは物足りず、WEBを介したオンライン講師の求人も常時探していることでしょうし、既に現場とWEBを両立して生計を立てている人も少なくないはずです。

今後、非常勤の講師が安定した収入を得る上で必要となるのが、「オンライン講師募集サイトに登録すること」となります。これからはスキルの習得の場として、現地の教室だけではなくオンラインへと市場が移行していくのは言うまでもありません。講師という職業からしても、電車を乗り継いで教室に出勤するのではなく、在宅ですべてを完結できるオンライン講師に伸びしろが感じられることは喜ぶべきことと言えます。その代わり、登録制のオンライン講師を募集して、なおかつ運営側がしっかりと生徒の集客に力と入れてくれるサイトはそれほど多くはありません。 「Your Studio」は、オンライン講師希望者にとっての貴重な主戦場として期待することができるでしょう。

「Your Studio」は登録無料でオンライン講師になれる

Your Studioは、言うなれば大学のキャンパスです。ユアスタジオには多種多様な講師となるキャストが登録していて、それぞれ独自に授業(メニュー)を作成することが可能。あとはゲスト(生徒)がポイントを購入し、興味のあるキャストや授業を選んで受講する、という簡単な流れとなります。講師は無料でキャストに登録できますし、メニューの作成・公開も無料。報酬の17.5%〜40%(売上により変動、2020年9月現在)を運営側に手数料として支払うだけなので、赤字になることもなければ維持費もかかりません。とりあえずサイトに登録をして、生徒を集客できる見込みがあれば一層力を入れる、のようにマイペースに仕事に注力することができるのも魅力です。

生徒の新規開拓と安定した収入基盤づくりに

教室での対面授業と異なり、全国で生徒を募集できるのがオンライン講師の特徴です。また、現状オンライン講師が活躍できるWebサイトは複数ありますが、いずれもコンセプトやサイトの求める方針が異なるため、そこに集まる生徒の属性(性別、年代、地域、目的など)もさまざま。Your Studioでも生徒の新規開拓を十分望むことができます。  もし、「私は〇〇のサイトをいつも使っているから、他のサイトは必要ない」、「いま使っているサイトで十分な収入を得られている」と言った考えを持っている方は、下記問題が発生した際に対応することが可能でしょうか。 1.現在登録しているサイトのサービス内容が変更し、自分の提供する授業とサイトポリシーが合わなくなってしまった場合 2.サイトが売上不振のため閉鎖してしまった場合 3.競合となるオンライン講師の数が非常に多く、集客が徐々に難しくなってきた場合  もしこれらの問題に対しての解決策を持ち合わせていないようであれば、毎月安定した収入を長期にわたって得ることは難しく、場合によっては生活が困難な状況に直面する可能性も否めません。

「Your Studio」では常時オンライン講師を募集中

Your Studioでは自分のやりたいこと、伝えたいこと、教えたいことを自由にメニューとして作ることができます。「英会話を教えているけど、アメリカ在住の経験も活かしたい」と考えれば、アメリカ移住希望者向けの現地情報を教える授業を開講することも容易いです。自分が持っている知識と情報がどれだけ需要があるのかを、Yout Studioを通じて確かめてみてはいかがでしょうか。